身体表現性障害を改善|痛みなくして快適ライフ

女性の医者

心と体の不調

笑顔の女性

心の問題が引き金です

心の様々な問題が体に影響を与えることは多々あります。中でも身体表現性障害と呼ばれる病気は、心理的な問題が体のあらゆる所に独特の症状を引き起こしてしまうのが特徴です。身体的な症状は多様であり、痛みはもちろんしびれや麻痺の感覚に襲われることもあります。身体表現性障害の場合には、検査をしても特に異常が見られないのが常です。それにも拘わらず、時に生活に支障をきたすほどの強い症状に悩まされることが問題となっています。身体表現性障害の原因は、様々な心理的ストレスです。日常生活の中で受けているストレスによって発症することが多いですが、場合によっては過去に受けたトラウマや抑圧体験などによって症状が現れることもあります。こういった場合には原因を把握することが難しくなりますので、治療を行なう上でも厄介です。身体表現性障害は特に女性に多いとされており、元々の性格などが関係していると言われています。特定の病気を異常に恐がるといった行動が見られるのも、身体表現性障害の一つのパターンです。この手のパターンの方は、がんや心臓病といった特定の病気を疑って、何度も医療機関を訪れることがあります。その都度検査で異常がなくても病気への不安から解放されず、長期間に渡って不安やストレスを感じることが多いです。また、自分の身体的なコンプレックスに異常に捕らわれてしまうパターンも、身体表現性障害では見られます。単なる悩みの領域を超えた症状が現れてくることから、心療内科や精神科での治療の対象となるのがこの病気です。

定期的な検査を受けます

心理的な要因で体の異変が起こりやすい身体表現性障害の方は、定期的な医師の診察を受けることで、少なからず不安が軽減出来ます。一定の間隔で検査を受けておくことで、病気ではないかという疑念がなくなるのが一つのメリットです。異常がないという診断を受けることで、本人も精神的な安心が得られます。こうしたことから頻繁に体の不調に悩まされる方は、信頼出来るかかりつけ医を持つことが身体表現性障害で起こる不調を軽くするための一つの方法です。心の問題が体に影響を与える身体表現性障害は、心療内科などが適した診療科となります。心療内科は、心と体の繋がりに精通した医師が常駐する診療科です。ですので、一般の診療科では原因が把握しにくい身体表現性障害にも適切な治療が期待出来ます。受診する側にとっても、心身の不調を忌憚なく相談出来る心療内科は頼れる存在です。個人の症状に適したフォローがされる点も見逃せないポイントとなります。身体表現性障害は、概して周囲の理解が得にくい傾向があります。そのため、本人が秘かに苦しんでいることが多く、最悪の場合うつ症状へと移行してしまうことがあるのが難点です。心療内科などの専門の診療科を受診することで、こういった精神的な負担が減らせます。不安障害などの他の精神疾患が同時に起こることもあり、専門医による診察が欠かせないのが身体表現性障害です。従って、気になる症状がある場合には、早目に受診をすることが大切となります。医師との密なコミュニケーションが必要です。